‘μηθεύς’ message board

【めてうす】伝言板 

め  て  う  す

哲学の会【めてうす】 Web

哲学の会【めてうす】会員の皆様へ

 哲学の会【めてうす】のホームページを、2017年5月3日に公開する運びとなりました。

【めてうす】Webは「哲学の会【めてうす】」に関する情報提供の場として、皆様にお役立て頂ければ思っております。このホームページの発展のために、皆様からの、コメントやご提案を歓迎致します。【めてうす】会員アンケートからご意見をお寄せください。(パスワードは会報のパスワードと共通のものとなります。)

哲学の会【めてうす】役員一同

「哲学の会 めてうす」会員および哲学同好の皆様へ

河上正秀先生の新刊書が、2018年5月に出版されました。

著書名:『キルケゴールの実存解釈―自己と他者』

出版社:春秋社  価格:3,500円(税抜)

内容:(「BOOK」データベースより)

キルケゴールはいかに読まれてきたのか。レヴィナス、デリダ、ウィトゲンシュタイン、田辺元らによる受容と解釈の歴史をたどり、その思想史的意義を明らかにする。

【目次】

序に代えて われわれはキルケゴールから何を学ぶか

第I部 主体と他者

第1章 自己と他者―実存の思想から他者の思想へ

第2章 実存から他者へ―レヴィナス、デリダの読解

第3章 実存論的主体の他者論的転回―K・レーヴィット

第4章 非同一の主体性

第II部 受容と解釈

第1章 ウィトゲンシュタインのまなざし

第2章 解釈と生―田辺元の「実存」受容の一断面

第3章 実存と倫理

第4章 『現代の批判』とわれわれの「現代」

補遺

補遺その1 沈黙と言語

補遺その2 仮名と著作―沈黙の語り出すもの

Y000041478.jpg

『ボリショイふたり大サーカス』

 大関寿幸 展覧会案内

会期:2019年11月25日(月)~12月1日(日)

場所:東京都渋谷区神宮前3-20-18

   デザインフェスタギャラリー WEST 1-C

開館時間:11時〜20時 *初日25日は13時〜、最終日は17時まで

​詳細は→こちらからご覧ください

*この色のリンクは会員のみのページとなります。

Metheus Web:

designed by hiromi wada

放送大学学生団体 哲学の会【めてうす】

放送大学 東京文京学習センター所属サークル

連絡先 Email: tv.metheus@gmail.com

© 2018 metheus. All rights reserved.