‘μηθεύς’ message board

【めてうす】伝言板 

め  て  う  す

哲学の会【めてうす】 Web

哲学の会【めてうす】会員の皆様へ

 哲学の会【めてうす】のホームページを、2017年5月3日に公開する運びとなりました。

【めてうす】Webは「哲学の会【めてうす】」に関する情報提供の場として、皆様にお役立て頂ければ思っております。このホームページの発展のために、皆様からの、コメントやご提案を歓迎致します。【めてうす】会員アンケートからご意見をお寄せください。(パスワードは会報のパスワードと共通のものとなります。)

哲学の会【めてうす】役員一同

「哲学の会 めてうす」会員および哲学同好の皆様へ

河上正秀先生の新刊書が、2018年5月に出版されました。

著書名:『キルケゴールの実存解釈―自己と他者』

出版社:春秋社  価格:3,500円(税抜)

内容:(「BOOK」データベースより)

キルケゴールはいかに読まれてきたのか。レヴィナス、デリダ、ウィトゲンシュタイン、田辺元らによる受容と解釈の歴史をたどり、その思想史的意義を明らかにする。

【目次】

序に代えて われわれはキルケゴールから何を学ぶか

第I部 主体と他者

第1章 自己と他者―実存の思想から他者の思想へ

第2章 実存から他者へ―レヴィナス、デリダの読解

第3章 実存論的主体の他者論的転回―K・レーヴィット

第4章 非同一の主体性

第II部 受容と解釈

第1章 ウィトゲンシュタインのまなざし

第2章 解釈と生―田辺元の「実存」受容の一断面

第3章 実存と倫理

第4章 『現代の批判』とわれわれの「現代」

補遺

補遺その1 沈黙と言語

補遺その2 仮名と著作―沈黙の語り出すもの

『Volga』(墨)

『第5回美術大学29期展』全約35作品と一緒に、大関氏の作品下記8作品が展示されます。

・『動』 墨                           

・『Volga』 墨 

・『水を運ぶ』 墨、コラージュ    

・『蛸を柔らかくする』 水彩

・『Cuatro Coronas x 3,  Variante α.』 水性インク

・『Cuatro Coronas x 3,  Variante β.』 水性インク

・『菜果涅槃図 / 菜果談図』 水性インク、水彩 

・『沈める寺』 油性インク、墨 

大関氏の在廊予定:初日17日(火) 14:00~18:00、最終日22日(日) 15:30~

17日初日は、上記13:00からではなくて、12:00からになります。最終日22日は16時まで

【世田谷美術館】URL: https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

 

「不在の際にいらした場合には、受付担当者に御芳名と作品の感想を残して頂けますと、次の制作に向けての励みになります。」(大関)

20210719Fup.jpg
20210801 F1649.jpg