IMG_2636.jpeg
  [Words; this month]  June 2021









 

「新型コロナウィルス・パンデミック」を経験し、自宅待機のなかで考えたことなど、投稿を募集します。

 

 今回のような感染症は人類の歴史とともにあったといわれております。その都度、人類は何かを突きつけられ、そしてそこから学びながら今日にいたっているではないでしょうか。ウィルスを撲滅することは不可能とのことです。今後もパンデミックは起こります。

 今回のパンデミックについても、それが突きつけたものはなんであったのだろうか、そしてそこから何を学び取ることができるのだろうか。このパンデミックはいずれ終息に向かうものと思いますが、それ以後の世界〔ポスト・コロナ〕の世界はどのような世界になるのでしょうか。日常生活や、人間関係、哲学・宗教、経済・社会や環境問題、グローバリゼーションの功罪、等など、皆さんが考え、感じたものを、忘れないように、書き留めておくことも重要と思います。

 今回「哲学の会【めてうす】」は、会員の皆さんが長期の自宅待機のなかで、いろいろな報道や識者のコメントに接し、考えたこと、感じたこと、不安を覚えたこと、その他何でも、を投稿していただくようお願い致します。皆さんの投稿を小冊子に纏めて後日のために保存しておくことを考えております。

 文字数は定めません、またコロナも未だ暫く続くものと思いますので、暫くは投稿の締め切り日も設定しません。

 また、東京文京学習センターが再開されたときには、会員の皆さんとの「コロナに関する懇談会」を開催し意見交換を行いたいと考えております。自由に投稿をお願い致します。

(野呂生男) →投稿詳細ページ *こちらからメールでも受け付けています。

→活動予定カレンダー

今月、来月以降の予定はこちらから

​《お知らせ》6月-Brief news & schedule- 

2020年10月よりグーグルミートやZOOM使ったオンラインでの活動を始めました。

◉毎週火曜日の13時〜15時ZOOMによる読書会を開催しています。メールにてお知らせするURLをクリックすることで参加していただけます。

月末の金曜日13時から河上正秀先生が参加される会が始まりました。コロナ禍、感染症の蔓延で炙り出されている社会の様々な問題点について、各人がそれぞれの立場から意見を出し合います。次回は7月30日(金)。

 メールにて詳細の連絡差し上げます。参加ご希望の方、初めて参加される方は、めてうす事務局または、こちらまでご連絡ください。会員の方はこぞってご参加ください。

 【めてうす】読書会/勉強会 

2020年10月よりオンラインでの活動を模索しています。次回4月6日(火)からは『哲学とは何か』竹田青嗣著を読み込みます。

開催日は基本的に毎週火曜日の13時より。参加希望者にメールにて詳細をご連絡をしています。

 顧問によるゼミナール・河上哲学日記 

河上正秀先生(筑波大学名誉教授・前放送大学客員教授)の懇談会がZOOMにて始まりました。月一回、最終金曜日の13時からを予定しています。5月28日のテーマはコロナ禍の社会について。参加されたい会員はめてうす事務局までご連絡ください。メールにて詳細をお知らせいたします。

「河上哲学日記」は、【めてうす】会報に連載しています。

  〈原書にチャレンジ〉入門ドイツ語勉強会  

  【めてうす】ロゴス(今月の言葉) 

【めてうす】会員には会報が配信されます。最新号は第37号です。会員は創刊準備号からのバックナンバーもダウンロードしてお読みいただけます。→(詳細)

metheus37_398.jpg

[第37号]2021年4月20日発行

ハイデガー『SEIN UND ZEIT(存在と時間)』を原書で読み込んでいく隔週のドイツ語勉強会。​活動は自粛中となります。

 古代ギリシャの陶片に刻まれたロゴス。時空を超えて漂い続ける、生き続けているような言葉の一片に捉えられ震えることはありませんか?

【めてうす】Webのトップページでは、私たちの心に響いてくる言葉を掲載していきます。

*この色のリンクは会員のみのページとなります。

Metheus Web:

designed by hiromi wada

放送大学学生団体 哲学の会【めてうす】

放送大学 東京文京学習センター所属サークル

連絡先 Email: tv.metheus@gmail.com

© 2018 metheus. All rights reserved.